【 講座 】COFFEE TIME 〜美味しい珈琲を味わう〜

こんばんは〜、えだみつです。

先日「 COFFEE TIME 〜美味しい珈琲を味わう〜 」の講座を開催してきました!
今回は、そちらの模様をレポートします。

 

f:id:idea-plus:20161014154645j:plain


教室は小倉北区片野にある、アメリカンチックでなんだか落ち着く空間「あつみ珈琲 」。

先生はあつみ珈琲のオーナーである、川島 佑太さんをお迎えして行いました。

 

午前8時30分。

若干まだ、目覚めきれていない参加者のみなさんを前に講座スタート!

 

f:id:idea-plus:20161020054528j:plain

 

まずは、参加者のみなさん自身がコーヒーから連想できるキーワードをポストイットに書き出していただきました。

みなさん、様々で…

「 香りがいい 」、

「 おしゃれなOL 」、

「 徹夜 」などなど。

 

f:id:idea-plus:20161020065018j:plain

 

ほっこりしたものが、、

「 お母さん 」。

一人暮らしの学生さんが実家に帰るといつもお母さんがコーヒーを淹れてくれるというエピソード。

なんだか、いいですね。

参加者のみなさんひとり一人、コーヒーに対する思いや思い出などが詰まっていました!

 

 

そして、ここからは講座コーディネーターである私、エダミツプレゼンツ。

珈琲の知識クイズ!

 

f:id:idea-plus:20161020064513j:plain

 

出題した豆知識をすこ〜し紹介すると…

Q. 世界で1番珈琲の消費量の多い国は?

A.  ルクセンブルク

ルクセンブルクの方々は、平均すると3時間に一杯コーヒーを飲むそうです!

日本人から見たお茶的存在?

 

 

クイズをして盛り上がったところで、

ここからは先生にバトンタッチ! 

 

f:id:idea-plus:20161020070358j:plain

 

まずは、コーヒーについてお勉強。

 

コーヒーの由来は元々、アラビア『Qahwah』( カワフ ) から始まり、トルコ『Kahveh』( カーヴェ ) → イギリス『coffee』→ フランス『cafe』になって、世界中でコーヒー/カフェと呼ばれるようになったそうです。 

 

ちなみに、日本語で『珈琲』と書くようになったのは、コーヒーの木の枝がかんざしに似ていることから、花かんざしの玉を『珈』、かんざしの玉を繋ぐ紐『琲』を合わせて作られたんだとか。

 

f:id:idea-plus:20161020072949j:plain

 

みなさん、真剣に聞き入っていました!

 

また、同じコーヒー豆でも焙煎時間を変えることによって、酸味や苦味の度合いが変わってくるということも…

酸味が強く、苦味が弱いものが、浅煎り

酸味が弱く、苦味が強いものが、深煎り

その中間にあたるものが、中煎り

 

名前としてはよく聞くけど…
実際に違いはわからないとう方がほとんどでした。

 

そこで!
今回は『 同じ豆でも全く違う味になる!』という観点から、焙煎時間を変えたもの(浅煎り・中煎り・深煎り)を飲み比べしていただきました!

 

 ようやく、珈琲が飲めると参加者のみなさんのテンションもUP⤴︎⤴︎

 

f:id:idea-plus:20161020075040j:plain

 

参加者のみなさんにはどれが、浅煎り・中煎り・深煎りということは告げづに3種類飲み比べていただき、自分の好きなコーヒーを考えていただきました!

 

普段、3種類を同時に飲むことはないので、、

「あ、こっちの方がまろやかで飲みやすい」、

「こっちは酸味が強いな〜」などの声が! 

 

 f:id:idea-plus:20161020080732j:plain    

 

また、コーヒーを少し冷ました状態で飲んでみると熱いときとは違う味わいがするなども!

 

3種類飲み終わった後には、自分が好きだったコーヒーを選んでいただきました♪

 

f:id:idea-plus:20161020205009j:plain

 

参加者のみなさんほとんどが、酸味が弱く、苦味が強い深煎りを選ばれていました!

「酸味が少なく、味がしっかりとしている感じが好きだった」という意見が。

 

 飲み終わった後には、豆そのものの香りを。

 

f:id:idea-plus:20161020081334j:plain

 

飲んだときとはかなり香りが違ったらしく…

旦過市場の匂いがする〜」、「こっちは無◯良品のお店の匂い」などの感想が!

 

川島さんもそんな例え方ができるのかと、驚いていらっしゃいました (笑)

 

 

f:id:idea-plus:20161020080740j:plain 

 終わりごろには、みなさんしっかり目が覚めたようで生き生きとしていました☆

 

川島さんのお話しを聞いているとコーヒーはまだまだ奥が深いな〜と感じましたが、参加者のみなさんが自分の好きなコーヒーを見つけることができたのは大きな一歩です!

 

また、いつもはこの時間ぐっすり寝ているよ!という方もいましたが、今後朝の時間の使い方を考えるきっかけになってくれたのではないかなぁ、と感じた授業でした!

 

 

 


   
 
 

f:id:idea-plus:20161020054414j:plain

 

川島さん、参加者のみなさま、

ありがとうございました!

 

( 講座コーディネーター : えだみつ )

 

 

––––––––––––––––––––––––––––––––––––

【 今回の先生 】 川島 佑太   あつみ珈琲 代表

 

f:id:idea-plus:20161020101637j:image

 

大分県宇佐市出身。珈琲好きが高じて、自家焙煎珈琲店から焙煎技術を習得。北九州に鮮度重視のオンデマンド販売の珈琲店がないため、新鮮なコーヒーの美味しさ伝えるべく、脱サラして自家焙煎珈琲専門店を営む。『煎りたて 挽きたて 淹れたて』を大切に考え、日々、正直・真摯をモットーに経営を行う。定期的にイベントなどにも積極的に参加し、コーヒーの普及に努める。

 

 –––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

【 今回の教室 】あつみ珈琲 

 

f:id:idea-plus:20161020101534j:image


焙煎したこだわりの珈琲と軽食を店内でお召し上がりいただけます。そして、楽しいひと時をご提供いたします。お一人様も、友人同士やカップルも、ご家族でも気軽に入れるお店です。あなたのお好みの一杯、淹れ方を見つけに来ませんか?

住所:〒802-0064 福岡県北九州市小倉北区片野1-1-10
電話番号:093-982-3465
アクセス:【平日】9:00〜20:00
       【土日祝】9:00〜18:00

 

–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––